|д゚)サビシクなんかないとです

小市民のFF11&FF14プレイ日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
|д゚)Isgebindはじめました
月曜のMyタルのコルセアが散々というか悲惨だったので、ちょっと野良での本格運用前にアルマゲドンLv90をゲットすべきかもしれないと思い直しました。
そこへ丁度忍のエンピ胴を+1にすることがき、ピンク卒業!
見よ!伊賀装束だ〜ヽ(´ー`)ノ
伊賀装束
ということで、イスゲビンドの心臓集めを始めました。
自分だけで(2垢だけど)。

構成:Lv99忍/黒(サポ間違えました;;)、Lv99白/黒
アートマ:灰塵,紫苑,双鎌(忍)、妖艶,侵略,邪気(白)
作戦:2段段差のとこで上に白、下に忍が位置取り。殴りはお尻側からにすることでWSをスパイクフレイルとグレガーレウィングに限定させる。初めてなので2垢でスタンは諦めて回復に努める。
Isgebindのお尻
初戦だし、すんごく強そうなので、初めて身替の術を使ってみました。1回ブリザガIVを避けてくれた気がしますが、タイミングがわからなくて正直あんまり意味なかったかもしんないです。
サポ黒で双鎌にしたせいで最大HP2697しかなく、ちょっとHPが200切ってる時もありましたが、なんとか撃破。
次回はサポ戦で、HP増強は黒蹄のアートマをつけようと思います。HPメリポもちょこっとしようかな?余裕があればガ系にスタンしよう。
また、Isgebindは王者の薬を、Kurは大事取得者に猛者の仙薬を必ずくれるので、そのあたりもきっちり使って時間短縮できたらいいな〜。
結論、ヘタレ忍者でもIsgebind倒せるとか、Lv補正ってすごいですね^^
(2垢Isgebind戦Rep&Log)

その後白樽さんや脳筋さんがお手伝いにきてくれたので、結局1戦しか2垢でやってないのですが、自分だけでもなんとかなるってわかれば、75個集めるのも気軽にできます。

自分:それにしても
自分:初日で9個もげっとできるとは!
自分:この調子だと1週間ちょっとで完成だね^^
白樽:1週間で完成ですね;;
脳筋:メタル100こね( ^ω^)
自分:;;
自分:今日は早めに寝よう!
自分:明日のイスゲビンド戦にむけて^^
白樽:^^;
| FFXI-忍者 | 23:59 | comments(0) | - |
|д゚)たまには凛々しく
最近色々と忙しくてLv上げをする時間がなかなかとれません。
そんな中集まった日曜のLS活動は、人数が7名しか集まらなかったので、お休みとなってしまいました。
元々特に何か決まったNMをする予定があったわけではなかったんですけどね。夏休みで帰省してたり、または忙しかったり、そういうことなのだと思います。

そんななので、LSの暇人を拉致って、自分の忍と禿ヒュムさんの赤(どちらもLv74)をLv75にしよう会を開催しました。
集まったのは忍戦モ赤赤の5名。@1名はLv上げ希望中のコルセアさんを誘ってレッツラゴーです!(`・ω・´)

構成:忍/戦74,戦/忍75,モ75/忍75,赤/白,74赤/忍75,コ/白74
狩場:マムージャ監視哨前のバフラウ(南側)

@30000もあったのですが、自分以外の前衛の火力がほぼ完璧だったので3時間ほどで4万も稼げてしまいましたヽ(´ー`)ノ参加ありがとー
凛々しい忍者
前衛でこのモーションすると凛々しさ倍増!
メリポでよく見かける装備をしてみましたが。見えない部分は貧弱です。
ラジャスも素破もブルタルもトリーダーもディバイザーもスピベルもありませんし、フォーレージは借り物です。長舌からも卒業してないので、STRリングぐらいちゃんと買おうかなと思います。


以下、忍74-75Rep
続きを読む >>
| FFXI-忍者 | 23:30 | comments(0) | - |
|д゚)気まぐれなフェロー
忍Lv72といえば、千手院力王に試練の小太刀と潜在消しのLvです。
千手のが使えそうなので、試練は後回しにして、今日もフェローと水路です。

フェローは治癒タイプにしているのですが、だいたい1時間で30匹が終了します。折角なので女帝の指輪を使っていますが、楽相手なので時間切れで専心の効果が切れます。
潜在消しを始めてから気付いたのですが、治癒タイプに連携のトスを期待するのは無駄なことのようですね(-_-)
フェローがWSを放つのを待ってみたのですが、全く放ってくれず、自分がTP300の迅を放ったのに合わせてランページを撃ってくれました(;´д⊂)
LSMによると両手刀の方がどのWSでも迅で連携できるのでお勧めだそうですが、折角プレゼントした盾が見れなくなるのは少しサビシクて、まだ片手斧のままです。
思えば、サポ白でも魚30尾は1時間ちょっとぐらいで終わるし、治癒フェローにしているのもスロウ状態が嫌なだけなので、サポ白にして猛攻タイプフェローにしたが潜在消し的には効率いいのかな〜。一度試してみないとです。

仕方がないのでフェローとの連携は諦めて即うちで魚狩りをしていたところ、希望も出してないのにPTへのお誘いが!
できるだけお金を使いたくなくてPTはやめておこうと思っていたのですが、忍具はまだ十分にあるし、やまびこは構成的に使わなくても済みそうな感じだし、何より久々に日本語でのお誘いなのです!
ってことで、忍シ侍召赤吟73-72でカダーバのインプにカエルにトンボです。
しかも樽樽樽樽樽人という良編成ヽ(´ー`)ノ
しかし、平日とは言え人気の狩場は今日もPTでいっぱい。メインで釣りをしていたのはシーフさんでしたが、途中から自分と詩人さんも釣りに参加して、途中危ない場面もありましたが、いっぱい稼げて忍Lv73になりました。

これでペルデュブレードが装備可能になったわけですが、戦績が8000程足りません(-_-)
一度吟でメリポしないとです。


以下、忍Lv72-73のRep
続きを読む >>
| FFXI-忍者 | 23:55 | comments(2) | - |
|д゚)樽忍Lv72からの胴装備
Lv72までもう少しというところに来てなかなか誘われなくなってしまったので、希望出ししつつフェローと水路でLv上げも兼ねた箱あけ金策。
ファイアボムレットが欲しいのです。
ちまちまと魚をしばいていると、外国の方からPTのお誘い!

構成:忍戦侍モ学吟(途中吟さんから赤さんへ交代)
狩場:カダーバでインプとカエル
お揃い
後衛2なのに詩人さんがサポ忍にして釣りをするというので、ちょっと不安だった自分はサポ白で回復補助して欲しいとお願いしました。
てっきり戦士さんが釣りをするのかと思ったら、
戦君:【むむむ。】 ok 【侍】 【漁師】?
侍君:why can't u fish.. u got 【空蝉の術】?
戦君:only have a bomb core =/
侍君:if you got arrow i can fish hehe

ということで脳筋同士の不思議なチームワークでしょうか?お侍さんはサポシのまま釣りをすることとなりました。
しかしカダーバは既に混み合っていて、結局自分も釣りに参戦。途中からは矢がなくなって自分と赤さんで釣りをするようになりました。
今思えば、取り合いの中挑発釣りをすることも多かったし、睡眠中のカエルは殴り釣りをしてたし、ボム魂固定でも釣りに参加できたかもしれませんね。
というか涸れぎみだったので、詩人さん釣りでも大丈夫だったかもしれません(-_-)

ということで、忍Lv72になりました!
千手院力王に蝮に風魔の脛当、持ってないけどペルワン足も装備できるように!
中でも一番嬉しいのは、パンサーマスク!ヽ(´ー`)ノ
パンサーマスク
脚はタウルスサブリガで決まりなのですが、胴装備が問題です。
水着かな〜?なんかもちょっといいのないかな〜?
にしても、アスカルの影が極太眉毛に見える(´・ω・`)


以下、忍Lv72のRep
続きを読む >>
| FFXI-忍者 | 17:30 | comments(0) | - |
|д゚)タルに甲賀袴
貰ったばかりのアニバーサリーリングを使い、思いっきり忍上げしてました。
そしてとうとうLv71(`・ω・´)
甲賀袴
甲賀袴をはけるようになりましたヽ(´ー`)ノ
当時はまだ第1希望者にもほとんど回ってなく(今はフリロアイテムです)、そんな中排出30秒中のDrop&時間切れ。そうして自分のカバンに入ってきた甲賀袴。どうしようもないことだけど罪悪感。
でも、ようやく宝の持ち腐れじゃなくなりました!
豚に真珠じゃなくなるには、まだまだ時間がかかりそうです。

自分:カワイイ
脳筋:何が?^^;
自分:自分^^
| FFXI-忍者 | 23:55 | comments(2) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
+ LINKS
+ BLOGPEOPLE FF11
+ BLOGPEOPLE FF14
+ COMMUNITY SITE TOOL
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
表示広告の利用は自己責任で
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
このページの先頭へ